在りし日の留萌を訪ねて

投稿日:
高木勲氏ペン画展
使われていた頃のぬくもりを感じる絵具
留萌市 海のふるさと館で開催

やわらかだけれど
確かな筆致に引きこまれるペン画の数々。
描き込まれた線一本一本が
留萌の歴史をにじませています。

留萌市、海のふるさと館で
「留萌郷愁のスケッチ画集
―高木勲 ペン画展―」が
企画されています。

昭和10年に留萌で生まれた高木氏は、
旧国鉄留萌駅の職員として、
そして絵描きとして
変わりゆく街を見つめ続けました。
展示されている作品は、
当時の留萌の姿を鮮明に、
そして写真以上にあたたかく
物語っています。

高木氏の作品は、
10年ほど前に配布していた
フリーペーパー「るもいfan通信」でも
表紙を彩っていました。

週末、4月24日から
冬季閉館中の観光施設が
続々とオープンします。
留萌市、海のふるさと館も開館。
高木勲氏の作品とともに
在りし日の留萌を訪ねてお越しください。

【留萌郷愁のスケッチ画集 ―高木勲 ペン画展― 】

高木氏のペン画作品71点が
留萌市に寄贈されたことを記念して開催。
鉄道や町並みの作品を中心に展示している。
4月24日から10月31日まで

●海のふるさと館
電話:0164−43−6677
住所:留萌市大町2丁目3−1
開館:9:00〜18:00(冬季休館・入館無料)

この記事の投稿者

あい
あい
留萌観光連盟事務局員。留萌市在住。20代Iターン女子。夏はもちろん冬も楽しい、るもいの四季を遊びつくせ!豪風の黄金岬でクレイジー雪合戦、オススメです!