鰊漁の歴史に触れる

投稿日:
今年も一般公開中
学芸員さんが常駐しているので詳しいお話がうかがえます
鰊漁に従事した人の名前を掲載した番付板が当時のまま残されている
船の色が綺麗に残っている
トタ倉には重要有形民俗文化財に指定された漁具の数々

今年も、佐賀家漁場の一般公開が
8月1日から5日の期間で行われます。

1844年に礼受で鰊漁場をひらき、
以降113年間にわたって鰊漁が営まれた
この場所では、建物群から船着場、
漁具まで状態良く保存されており、
国指定史跡、
また国指定重要有形民族文化財に
選ばれています。

かつて留萌の浜をわかせた鰊漁。
当時の面影を、
現在の浜に感じることはありませんが、
こうして、佐賀家に残る貴重な資料が
1年のうち期間限定で公開されています。
この機会に、
留萌の歴史に触れませんか。

旧留萌佐賀家漁場

住所:留萌市礼受町13番地の1
一般公開期間:8月1日(日)〜7日(土) 10:00〜16:00
入場料:無料
お問い合わせ:0164−42−0435(留萌市教育委員会)

この記事の投稿者

あい
あい
留萌観光連盟事務局員。留萌市在住。20代Iターン女子。夏はもちろん冬も楽しい、るもいの四季を遊びつくせ!豪風の黄金岬でクレイジー雪合戦、オススメです!