かずの子のマチ・留萌

投稿日:

今週は、
札幌や東京で物産展が行われています!
日本海側の海の幸は都心部でも大人気!
なかでも、この時期多くお手にとって
いただくのが「かずの子」です。
塩かずの子加工生産量日本一の
留萌のまちでは、季節に関係なく
食料品売り場にかずの子が並びます。
定番の醤油漬けから、
辛子マヨやバジルマヨ、
チーズソースで味付けしたものまで!

留萌の水産加工は、
ニシン漁の歴史上にあります。
留萌市では、
明治17年に礼受で始まったニシン漁。
ニシンが獲れなくなってからは、
ロシアやカナダ、アメリカから
冷凍ニシン、原卵の輸入を
全国でも先駆けて始め、
伝統あるニシン加工の技術を磨きます。
その結果、全国一の生産量と品質を
誇るようになったのです。

自信を持ってお届けする
留萌のかずの子!
ポリポリとした歯応え、
すっきりとした味わいはやはり、
留萌のかずの子ならではです。
今年のお正月は、
留萌のかずの子で決まり!
ぜひご賞味ください。:

>>留萌市ふるさと納税の返礼品にも

この記事の投稿者

あい
あい
留萌観光連盟事務局員。留萌市在住。20代Iターン女子。夏はもちろん冬も楽しい、るもいの四季を遊びつくせ!豪風の黄金岬でクレイジー雪合戦、オススメです!