一般社団法人 おらが島活性化会議 代表 齊藤暢(さいとうみつる)さん

羽幌町から高速船で1時間ほど、
天売島の海をバックにお話してくれた齊藤暢さん。
彼が代表を務める「一般社団法人 おらが島活性化会議」では、
天売島で、シーカヤックをはじめとする自然体験や、
イベントに出向いて島をPRする活動を行っています。

7月の半ばに旅した際、
天売島のアクティビティと言えばこの人!と思いご連絡させていただきました。
シーカヤックをしたかったのだけれど、当日海のうねりが激しく断念…
すると齊藤さんが、島をぐるっと案内して、
オロロン鳥など貴重な海鳥観察の後、焚火でウニまで焼いてくれたのでした。

オロロン鳥の繁殖地ともなっている赤岩
通りかかったお客さんにも気さくにガイドする齊藤さん。自前の望遠鏡でオロロン鳥を見せてくれました

天売島で生まれ、
天売島で暮らす齊藤さん。
本業の傍ら、島のPRに励みます。
陽があるうちにお仕事を終えた時には、
仲間で連絡をとって、食材を持ち寄って、
海辺で焚火を起こして、
日本海に静かに落ちる陽を見ながら乾杯するのだとか。

「帰るころには、街灯のない真っ暗な島の道を、
みんなフラフラだよ」

そう言って笑う齊藤さんは、本当に幸せそう。

「そういう、島では何気ないことだけど自分たちが好きでやっていることを、
訪れる人たちにも提供したいと思ったんだよね」

ガイドのおしまいに、岩場に降り立って「木を集めてきて」と…何が始まるのかと思いきや…
木を集めて起こした火で、じっくり焼いた「焚火ウニ」。余分な水分がとんで、身が旨みをギュッと抱きこんで、少し焚火の香りがして…最高。

「島時間を楽しんで」

そう言って帰っていった齊藤さんの後ろ姿は、真っ青な空より、きらめく日本海より、眩しく感じられたのでした。

>>一般社団法人 おらが島活性化会議

この記事の投稿者

あい
あい
留萌観光連盟事務局員。留萌市在住。20代Iターン女子。夏はもちろん冬も楽しい、るもいの四季を遊びつくせ!豪風の黄金岬でクレイジー雪合戦、オススメです!