北の漁場

投稿日:
1、礼受漁港を母港とする第12祐盛丸
2、出漁準備は夜が明ける前の静けさの中で
3、作業灯を煌々と輝かせて漁場へ向かいます
4、今日も大漁かな?
5、かもめ達が船から離れない
6、大きな電動のタモで鮭を船艙から水揚げ

北海道の左上、
留萌の秋は鮭達が生まれた故郷に
戻ってくるシーズン。

鮭の別名?!秋味・アキアジとも
地元の私たちは言います。
秋を感じる地元の恵みが沢山ある中でも、
海の街で育った私たちにとって、
アキアジはやっぱり
ソウルフードなのだろうと思います。

鮭が帰ってきたと言っては、
命がけで遡上する川へ向かい、
全身の力を振り絞って川上へと上る鮭を
じっと眺めては、
ココロの中で「頑張れ!頑張れ!」と
声をかけ続けたりしてしまいます。

そう。
してしまうのです。
声に出せば、恥ずかしいので、
ココロの中で…。

その一方で、
初物と喜んでは
魚屋やスーパーで切り身よりも
1本まんまの鮭を買ってきては、
その大きな魚体と格闘し、
頭、身、アラ、白子や生筋子を
余すところなく味わうのも秋の楽しみ。

9月半ば、
気温も一桁に下がるほどの寒さの中、
鮭定置網の網起こし(鮭漁)に向かう
一隻の船を礼受漁港から見送りました。
出漁は午前4時30分、
日の出前のことです。
作業灯に照らされる漁師さん達を
港で見送り、港で待つこと1時間半後、
定置網漁から漁船が戻ってきました。
港に接岸したとたん、
船の周りにはカモメ達がおこぼれ狙い。
そんな中、
タモと呼ばれる電動の大きな網で
船底の水槽から
キラキラと光る魚体が無数に!

水揚げされた鮭は、
メス、オス、キズ、ブナの
4種類に素早く選別されて、
市場へと出荷されていきます。

気がつけば、
時計は午前6時30分を指しています。
出港から帰港、出荷まで約2時間あまり。
それはもう見事な漁師の連携プレー。

秋の風物詩なんて悠長に構えていては
漁師にも鮭にも失礼でした。

やっぱり、
北の漁場は男の仕事場でした。

この記事の投稿者

れいれい
れいれい
留萌観光連盟事務局員。留萌市在住。50代Uターン過去女子。るもい エリアの「食」と面白い「人」の掘り出しが得意分野。るもい の「美味しい」を求めて、縦横無尽に食べ尽くすぞ!