茜色の夕景と足元には芝桜の絨毯。全てが春の色に染められる時間があります。撮影地 留萌市塩見緑地

こんにちは!留萌観光連盟事務局です。
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ステイホーム期間が続きましたが、6月に入り、少しずつ日常の生活が戻ってきましたね。

北海道の左上、留萌地域も春から初夏にかけてのこの季節、いつもならドライブやツーリングなどを楽しむ姿を多く見かけるのですが、今年はいつもより少なく感じます。きっと、自粛から自重に変わってきているのかもしれませんね。

観光で留萌地域を訪れていただきたいですし、その際には、ソーシャルディスタンシング、3密を意識しながら北海道の左上を楽しんでいただきたいと願っています。もちろん、お迎えする私達もお客様が安全に、そして健康的にこの地域を楽しんでいただけるよう、様々な工夫を施していきます。

さて、実際に北海道の左上を訪れるその前に…..。
「これぞ!ありのままの左上」をご紹介します。
人間の世界がどうであろうと、自然界の時計の針は、いつもどおりに進み、季節は巡り、私たちを癒してくれます。こんな時期だからこそ、左上の自然の営みが
心に染み入るような気がします。

これからご紹介する北海道の左上の風景は、留萌市にお住まいの飯田誠さんから送っていただいたものです。
「北海道の左上 花鳥風月にひたる時間旅行」をお楽しみください。

ありのままの自然美。一幅の屏風絵のような北海道の左上でお待ちしています。
北海道の左上、花々は静かにささやきかけるように凛と咲いています。

春はあけぼの。初山別村有明田園の水鏡と淡い桜の色。
春はあけぼの。初山別村有明田園の水鏡と淡い桜の色。
春の妖精と呼ばれるオオバナノエンレイソウ。春の陽に輝く花びらが慎ましやかな風情。苫前町上平
春の妖精と呼ばれるオオバナノエンレイソウ。春の陽に輝く花びらが慎ましやかな風情。苫前町上平
神秘の青、エゾエンゴサク。野の空気まで瑞々しく感じられる春の風景。苫前町金比羅神社
神秘の青、エゾエンゴサク。野の空気まで瑞々しく感じられる春の風景。苫前町金比羅神社

北海道の左上、空を見上げれば鳥、足元にも小動物達の世界が。

桜とツグミ。留萌市神居岩公園
桜とツグミ。留萌市神居岩公園
エゾエンゴサクとコガラ。初山別村有明八幡神社
エゾエンゴサクとコガラ。初山別村有明八幡神社
古丹別川の夕景と羽を休める白鳥の群れ。苫前町香川
古丹別川の夕景と羽を休める白鳥の群れ。苫前町香川
夏毛のエゾユキウサギ。苫前町金比羅神社
夏毛のエゾユキウサギ。苫前町金比羅神社

北海道の左上で風を感じる。

風力発電ライトアップ。とままえ夕陽ヶ丘キャンプ場
風力発電ライトアップ。とままえ夕陽ヶ丘キャンプ場
風を味方に、目的地へ。苫前町上空
風を味方に、目的地へ。苫前町上空
凍てつく冬。海面温度との気温差で発生する「気嵐(けあらし」。無風の早朝にだけ見られる自然美。留萌市黄金岬
凍てつく冬。海面温度との気温差で発生する「気嵐(けあらし」。無風の早朝にだけ見られる自然美。留萌市黄金岬

北海道の左上、名月を撮る

水平線に浮かぶ天売島、焼尻島、利尻富士。留萌市千望台
水平線に浮かぶ天売島、焼尻島、利尻富士。留萌市千望台
5月の満月、フラワームーン。留萌市ルルモッペ憩いの森
5月の満月、フラワームーン。留萌市ルルモッペ憩いの森
4月の満月、ピンクムーン。留萌市ルルモッペ憩いの森
4月の満月、ピンクムーン。留萌市ルルモッペ憩いの森

飯田誠さんが撮影された「ありのまま」の北海道の左上の花鳥風月、いかがでしたか?
なんの施しもなく、そのままの自然が手の届くところにあるのも「北海道の左上」の魅力なのですね。

この記事の投稿者

アバター
留萌観光連盟
札幌から車で、北上すること2時間…日本海沿岸のるもい地域8市町村(留萌市、増毛町、小平町、苫前町、羽幌町、初山別村、遠別町、天塩町)の観光、イベント、グルメなど、旬の情報をご紹介! 北海道の左上を「掘って」、「ホレ!」とお伝えして、「惚れて」ほしい!【ここ「ほれ」!北海道の左上】、ぜひチェックしてください。