留萌の浜の味、復活

程よく塩味がきいた「糠にしん」
お店でてづくり
撮影:渡辺一夫氏

「いらっしゃいませ!」

留萌市にあるお土産屋さん、
お勝手屋萌の店内には
魚を焼いた良いかおり。
人気の「磯むすび」が復活しました。

「糠にしん」と
「数の子と昆布の佃煮」、
おにぎり2種が入った磯むすび。
昨今、
コンビニ等でさまざまなおにぎりが
販売されていますが、
こちらの具材は、きっと、
留萌市でしか食べられません。

その日の朝、
留萌市幌糠産のゆめぴりかを
ふっくら炊きあげ、
塩と糠だけで仕上げた
無添加糠にしんを香ばしく焼き、
数の子と昆布の佃煮といっしょに、
やさしくにぎった磯むすび。
しっかり手間と時間をかけて
お店で手作りしているため、数量限定。
前日、午前までのご予約がおすすめです。

冬のお休みがあけ、
留萌市のお土産屋さんお勝手屋萌本店で
復活した磯むすび。
留萌の浜の味をご賞味ください。

お土産処 お勝手屋萌 本店
留萌市ばかりでなく、管内全域の特産品を豊富にそろえるお土産屋さん。市内観光案内所も兼ねており、観光、ビジネス、職場や団体の研修等で訪れた皆様へ、さまざまな情報や便利が詰まっています。まずは「萌」へお立ち寄りください。
JR留萌駅から徒歩3分。
電話:0164-43-1100
住所:〒077-0007 北海道留萌市栄町3丁目2-13
営業:9:00~18:00 (1月~3月水曜定休、4月~12月無休、12/31・1/1休業)
おみやげ処 お勝手屋 萌

リリースしました!!!
るもい地域PR動画【Northwest Coast Walking In RUMOI Area】

動画を見て、
主人公になった気持ちで地域を歩き、
写真を撮るように魅力を発掘してほしい。
3年かけて、
るもい地域8市町村+島を巡る
9本の動画を制作するPR動画企画。
昨年の増毛町、留萌市、小平町につづき、
今年は苫前町、羽幌町、初山別村を制作しました!

「ここどこ?」と目を奪われる
るもい地域の景色、グルメ、文化の数々。
「るもい地域」というイメージも
アップデートされるはず。
さあ、あなたに響く
【北海道の左上】を見つけてください。

>>Walking In RUMOI Area

北吹雪
稲作地帯
北吹雪がお手頃な価格に!

るもい地域で「お酒」といえば、
最北の酒蔵・増毛町の國稀でしょう。
けれど、もっと北生まれのお酒があります!
最北の稲作地帯・遠別町産のもち米を使った「北吹雪」です。

稲作北限の地、遠別町。
北海道で稲作といえば道南を思い浮かべる方が多いかと思いますが、
実はここ、北海道の左上でも、
道南産米に負けず劣らず美味しいお米がつくられています!

北の大地で米作りができる理由として、
日本海を流れる対馬暖流の影響で、
農耕期間の気候が温暖であることがあげられます。
また、お米をつくるのにつかわれる水は遠別川からひいていて、
その水源はピッシリ岳。
ピッシリ岳は位置的に羽幌町と同じくらい南部にあり、
水温の高さが美味しいお米づくりにつながっているそうです。

世界的にも、遠別町より北部の地域で行われている稲作は、
ほとんどが自生種や陸稲であり、
水稲としては
遠別町が世界最北であろうといわれています。

最北の稲作地帯・遠別町でつくられた
もち米を使ったお酒「北吹雪」が
遠別町内での購入に限りお買い得価格となります!!!
キャンペーンは12月1日から!
この機会に、北海道の左上・最北の稲作地帯
遠別町産米をつかったお酒「北吹雪」をご賞味ください!

キャンペーンは遠別町内以下店舗のみで実施!

  • 古行商店
  • 津田商店
  • JAオロロン遠別ストア
  • 中央スーパー遠別店
  • 道の駅えんべつ富士見
  • セイコーマート 遠別本町店
  • セイコーマート 遠別店

オロロンラインを、おつまみを探しながら北上ドライブ!
旅の締めに遠別町で「北吹雪」をゲットして、
その日の晩酌でいただきます!という休日プランはいかがでしょう。

お得なキャンペーンは、来年3月31日まで。
冬も美味しい るもい地域!
めいいっぱい楽しみましょう!

秋も深まってきましたね。
北海道の左上、るもい地域の多くの家庭では
秋の風物詩ともいえる「いくらの醤油漬け」づくりの
ピークを迎えています!

大きな鮭ですね。
手前がメス!奥がオス!
この鮭は釣った鮭だそうです。
この季節は鮭釣りも最盛期。
多くの太公望達が沿岸で競いあっています。

メスの鮭を裁くと…大きな粒に成熟した生筋子。
これを塩水やぬるま湯で綺麗にしながらほぐします。

血わたも全て取り除くと…こんなに綺麗な色のいくら!
これから醤油に漬け込みます。

醤油に漬け込んで一晩。
炊きたてのご飯にたっぷりといくらをかけて「いくらご飯」。
秋のるもいの一番のご馳走です。
地元の寿司店や飲食店でもこの時期は「いくら丼」がイチオシメニュー!
るもいエリアにお越しの際には、是非ともご賞味ください。

1分間に各市町村の魅力をぎゅっと詰めこんだ
るもい地域PR動画企画
【Northwest Coast Walking In RUMOI Area】進行中です。
今年度は苫前町、羽幌町、初山別村を撮影!

各町村を巡って、カメラを構えて、
「ここどこ?」と心ひかれるポイントを探します。

お留守番していたスタッフも、
同行スタッフの持ち帰った写真に「ここどこ?」と興味津々。
まだまだ、目を見張る、ひきつけられる景色が、この地域に眠っています。

「るもい地域」と検索するきっかけをつくりたい。
情報であふれる現代社会で、
ここ、北海道の左上に触れる、興味をもつスタートコンテンツとして、
【Northwest Coast Walking In RUMOI Area】が生まれました。

動画の主人公となって、
るもい地域を颯爽と歩く自分を想像してください。
そこには、
言わずと知れた地域を代表する魅力はもちろん、
地域に暮らす私たちですら気づかなかった
景観や食、文化が映しだされています。

↓↓↓昨年制作の増毛、留萌、小平の動画はこちら↓↓↓
>>Walking In RUMOI Area

るもい地域にも、いよいよこの時期がやってきました…

秋サケ漁、解禁!!!

まだまだ沖合を回遊するサケ。
漁港では、漁師さんがとるサケがばたばたと音をあげています。
もう少しすれば、海岸で波間を踊る様子や、
川を遡上する力強い姿が見られるように。

毎年この時期になると、カメラ片手に、
川へ漁港へサケを追うアマチュアカメラマン、渡辺一夫さんのお話では、
昨年は9月17日にはじめての遡上が見られたそう。
今年の、川一番乗りは…!?
渡辺さんのしらせを楽しみに、秋の味覚に想いを馳せるのでした。

撮影:渡辺一夫