北海道の左上 秋の風景〜遡上する鮭と雲海〜

季節の巡りは早いですね。
北海道の左上は晩秋?!初冬?!
あっという間に初雪の季節になります。
人々の暮らしぶりも着々と冬仕様に。
自家用車のタイヤも冬用のスタッドレスタイヤに取り替える季節です。

冬が来る前、自然界はダイナミックで神秘的な風景を私たちにもたらしてくれます。
故郷の川に帰ってくる鮭の遡上と雲海の動画が届きましたので、ご覧ください!

鮭の遡上

雲海

秋も深まってきましたね。
北海道の左上、るもい地域の多くの家庭では
秋の風物詩ともいえる「いくらの醤油漬け」づくりの
ピークを迎えています!

大きな鮭ですね。
手前がメス!奥がオス!
この鮭は釣った鮭だそうです。
この季節は鮭釣りも最盛期。
多くの太公望達が沿岸で競いあっています。

メスの鮭を裁くと…大きな粒に成熟した生筋子。
これを塩水やぬるま湯で綺麗にしながらほぐします。

血わたも全て取り除くと…こんなに綺麗な色のいくら!
これから醤油に漬け込みます。

醤油に漬け込んで一晩。
炊きたてのご飯にたっぷりといくらをかけて「いくらご飯」。
秋のるもいの一番のご馳走です。
地元の寿司店や飲食店でもこの時期は「いくら丼」がイチオシメニュー!
るもいエリアにお越しの際には、是非ともご賞味ください。

るもい地域にも、いよいよこの時期がやってきました…

秋サケ漁、解禁!!!

まだまだ沖合を回遊するサケ。
漁港では、漁師さんがとるサケがばたばたと音をあげています。
もう少しすれば、海岸で波間を踊る様子や、
川を遡上する力強い姿が見られるように。

毎年この時期になると、カメラ片手に、
川へ漁港へサケを追うアマチュアカメラマン、渡辺一夫さんのお話では、
昨年は9月17日にはじめての遡上が見られたそう。
今年の、川一番乗りは…!?
渡辺さんのしらせを楽しみに、秋の味覚に想いを馳せるのでした。

撮影:渡辺一夫

茜色の夕景と足元には芝桜の絨毯。全てが春の色に染められる時間があります。撮影地 留萌市塩見緑地

こんにちは!留萌観光連盟事務局です。
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ステイホーム期間が続きましたが、6月に入り、少しずつ日常の生活が戻ってきましたね。

北海道の左上、留萌地域も春から初夏にかけてのこの季節、いつもならドライブやツーリングなどを楽しむ姿を多く見かけるのですが、今年はいつもより少なく感じます。きっと、自粛から自重に変わってきているのかもしれませんね。

観光で留萌地域を訪れていただきたいですし、その際には、ソーシャルディスタンシング、3密を意識しながら北海道の左上を楽しんでいただきたいと願っています。もちろん、お迎えする私達もお客様が安全に、そして健康的にこの地域を楽しんでいただけるよう、様々な工夫を施していきます。

さて、実際に北海道の左上を訪れるその前に…..。
「これぞ!ありのままの左上」をご紹介します。
人間の世界がどうであろうと、自然界の時計の針は、いつもどおりに進み、季節は巡り、私たちを癒してくれます。こんな時期だからこそ、左上の自然の営みが
心に染み入るような気がします。

これからご紹介する北海道の左上の風景は、留萌市にお住まいの飯田誠さんから送っていただいたものです。
「北海道の左上 花鳥風月にひたる時間旅行」をお楽しみください。

ありのままの自然美。一幅の屏風絵のような北海道の左上でお待ちしています。
北海道の左上、花々は静かにささやきかけるように凛と咲いています。

春はあけぼの。初山別村有明田園の水鏡と淡い桜の色。

春はあけぼの。初山別村有明田園の水鏡と淡い桜の色。

春の妖精と呼ばれるオオバナノエンレイソウ。春の陽に輝く花びらが慎ましやかな風情。苫前町上平

春の妖精と呼ばれるオオバナノエンレイソウ。春の陽に輝く花びらが慎ましやかな風情。苫前町上平

神秘の青、エゾエンゴサク。野の空気まで瑞々しく感じられる春の風景。苫前町金比羅神社

神秘の青、エゾエンゴサク。野の空気まで瑞々しく感じられる春の風景。苫前町金比羅神社

北海道の左上、空を見上げれば鳥、足元にも小動物達の世界が。

桜とツグミ。留萌市神居岩公園

桜とツグミ。留萌市神居岩公園

エゾエンゴサクとコガラ。初山別村有明八幡神社

エゾエンゴサクとコガラ。初山別村有明八幡神社

古丹別川の夕景と羽を休める白鳥の群れ。苫前町香川

古丹別川の夕景と羽を休める白鳥の群れ。苫前町香川

夏毛のエゾユキウサギ。苫前町金比羅神社

夏毛のエゾユキウサギ。苫前町金比羅神社

北海道の左上で風を感じる。

風力発電ライトアップ。とままえ夕陽ヶ丘キャンプ場

風力発電ライトアップ。とままえ夕陽ヶ丘キャンプ場

風を味方に、目的地へ。苫前町上空

風を味方に、目的地へ。苫前町上空

凍てつく冬。海面温度との気温差で発生する「気嵐(けあらし」。無風の早朝にだけ見られる自然美。留萌市黄金岬

凍てつく冬。海面温度との気温差で発生する「気嵐(けあらし」。無風の早朝にだけ見られる自然美。留萌市黄金岬

北海道の左上、名月を撮る

水平線に浮かぶ天売島、焼尻島、利尻富士。留萌市千望台

水平線に浮かぶ天売島、焼尻島、利尻富士。留萌市千望台

5月の満月、フラワームーン。留萌市ルルモッペ憩いの森

5月の満月、フラワームーン。留萌市ルルモッペ憩いの森

4月の満月、ピンクムーン。留萌市ルルモッペ憩いの森

4月の満月、ピンクムーン。留萌市ルルモッペ憩いの森

飯田誠さんが撮影された「ありのまま」の北海道の左上の花鳥風月、いかがでしたか?
なんの施しもなく、そのままの自然が手の届くところにあるのも「北海道の左上」の魅力なのですね。

先週末、旅をしてきました!
留萌市から車で1時間、
羽幌町から出港する羽幌沿海フェリーの高速船に乗り、
日本海に揺られて1時間。
海鳥の楽園【天売島】です。

すべては、80万羽のウトウに会うため!!!

ウトウ(写真提供:北海道海鳥センター)

ウトウ
ウミスズメ科、体長38センチほど。
全体に黒っぽく、お腹は白、
オレンジのくちばしとその付け根上部にポコンと突き出す突起物が特徴的です。
日中は海で過ごし、日が暮れるとヒナのために陸へ帰ってきます。
子育ては陸で、地面に巣穴をほって行うのです。
その数80万羽。天売島は、世界最大の繁殖地です。

80万羽のウトウが、
人口280人ほどの天売島の夕空を染める光景を見たい。

ポコポコあいている穴は、すべてウトウの巣

ウトウが帰ってくるのは夕暮れ時なので、
それまでゆっくり島観光。

観音岬

歩いて3時間ほどで1周できてしまう島ですが、
見どころいっぱい。
海の青、雲の白、島の緑に感嘆の息が漏れます。

写真向こうに見えるのは焼尻島。
ぺったらこい(北海道方言:平たい)焼尻島にくらべ、
小高い天売島の道はまるで、海に続くよう。

島には学校もあります。
2019年現在、在校生9人の天売高校は定時制で、
日中はひっそりとしています。
踏むたびにギシギシいう廊下、
ダルマストーブを囲んで配置された職員室の机、
「冬になるとしばれて体育館の床が歪んじゃうんだよ~」
「卒業式1番の感動シーンで、
登壇者が歪んだ床につまづいて転んでな~」
というエピソードを聞きながらの校舎見学は、
生徒の賑やかな声まで聞こえてくるようでした。

島の方が岩場に連れてきてくれて、
何が始まるのかと思いきや「薪をひろってきて」。
波で流れついた白っぽい木を拾い集めると、
パチパチと火を起こして、殻付きのウニを中に…
ウニの口から、ふわりと煙が立てば「焚火ウニ」の完成です。

余分な水分が抜けてふわっとふくらむような身、
旨みが凝縮して、やさしい甘みを感じさせます。

「俺たちが最高だと思って普段していることを、
観光に来たお客さんにも体験してほしいんだよ」

島の方のお話も含めて、唯一無二の島時間をいただきました。

あっという間に日暮れ。
旅の目的、ウトウの帰巣とご対面です。

黒い点はみんなウトウ。素人カメラでは限界でした。

ポツポツと海からやってきた黒い点は、
いつの間にかしっかりとした形と質量をもって、
バサバサという羽音と、ヒュンッと風を切る空気とともに
島を覆うようでした。

「この先の道は鳥と衝突しやすいので、身を低くしてください!」

きっと、天売島以外では一生聞かないセリフ。

この感動は、島に来て、目で見て、耳で聞いて、肌で感じないとわからない。
天売島の魅力に浸ったわたしは、
るもい地域人として、少し成長したような、誇らしい気持ちになったのでした。

ウトウの帰巣は6月から7月がピークです!
夏は高速船が30%割引!
今週末7月20日、21日は【ウニまつり】も開催!

天売島のウニを堪能して、
ウトウの帰巣に圧倒されて、
島時間を満喫する休日…
夏の思い出を飾ること間違いなし!
週末は天売島へ!!!

>>羽幌町役場
>>羽幌町観光協会
>>羽幌沿海フェリー