冬も楽しむ!北海道の左上

今年も北海道の左上情報を
お届けしてまいります、
「ここほれ!北海道の左上」!
今年1本目のブログは、
冬を楽しむ冬ならではの
「スキー場開設情報」です!

1月になって、スキー場が
続々とオープンしてまいりました。
南は増毛町から北は天塩町まで、
8市町村それぞれにスキー場がある
るもい地域。
年末年始の豪雪を受け、
どこも寸分のすきもない銀世界です。
立地や設備、開設時間に特色があるので、
海を見ながら、または山の中で、
さまざまなコースを、
夜にスキーをしたい!といった
あなたのご希望に沿うスキー場を
見つけてください。
るもい地域8市町村のスキー場情報は
留萌管内スキー場オープン情報

豪雪や暴風に悩まされる
冬のるもい地域ですが、
できることなら
楽しみながら乗り越えたいです!
冬のレジャーは、
るもい地域スキーで決まり!!!

留萌港のけあらし
気象状況により表情はまったく異なる
厳寒の朝の絶景

行く年を惜しみながら
新しい年に想いを馳せるこの頃、
いかがお過ごしでしょう。
ここ北海道の左上では、
とんでもない雪と風にヘトヘト…
なんと、積雪量は平年比2.7倍!
年末年始は穏やかに過ごしたいものです…。

さて、ひどい気象状況に見舞われる
るもい地域にも、
この時期だからこそ見られる
絶景があります。
「けあらし」です。

海水と外気の温度差から、
冬の海に現れる蒸気霧「けあらし」。
自然現象ゆえ、
出現が約束されるものではありません。
だからこそ、
早朝の息も凍るような冬の海で
立ち登る霧を見つけたときの感動は
言葉になりません。

留萌市のコミュニティ放送局
エフエムもえるでは、
翌日のけあらし発生を予想して
お伝えしています。
【エフエムもえる 769Mhz】
新年最初のけあらし出現は
いつになるのか…
なんと2021年はすでに
7回以上の出現を記録。
新しい年の楽しみにしながら、
皆様におかれましても
良い年をお迎えください!
2021年も、北海道の左上に注目いただき
ありがとうございました!

来週12月16日、17日は
札幌市の駅前通地下歩行空間・チカホにて
「オロロンラインプレゼンツ
冬のるもい大物産展」開催です!
るもい地域の南から北まで、
8市町村それぞれの美味しいものが
大集合!これからの時期、
食卓に欠かせない数の子はもちろん、
ニシン、タコ、甘エビ、しじみなど海産物から
チーズやプリンなど農産物まで、
北海道の左上自慢の逸品を
ゲットしてください!

また、会場ではつい先日リリースした
Walking In RUMOI Area を上映!
さらに現在、
札幌駅改札口のサツエキビジョンでは
PR動画のショートバージョンが
放映されています。

札幌で、
北海道の左上と出会えるチャンス!
この機会をお見逃しなく!!!

 
てしおでおして
おろろんスタンプラリー

綺麗に色づいた木々の葉が落ち
景色がだんだん寂しくなっています。
紅葉ドライブも今週末まででしょうか…。
冬が来るまえにもう1度
るもい地域へお出かけしませんか。

ドライブのお供といえば
スタンプラリー!
現在るもい地域で実施している
スタンプラリーは2つです。

まず天塩町から【てしおでおして】!
天塩町内の観光スポットを巡って
デジタルスタンプをゲット!
抽選で天塩の特産品が当たります。
なんといっても景品が豪華!
スタンプを5つゲットして応募する
完全制覇賞は、
抽選で5名さまに10,000円相当の
特産品をプレゼント!
海の幸も山の幸もある天塩町
自慢の味覚をぜひ味わってください。

つづいては【おろろんスタンプラリー】!
るもい地域8市町村の
道の駅、情報拠点を巡って
スタンプをゲット!
応募期間が来年2月までとなっているので、
ゆっくり町を見ながら
スタンプを集めることができます。
秋旅、冬旅のお供にどうぞ!

天塩町スタンプラリー【てしおでおして】は
11月14日応募締め切りです。
冬が来るまえに、
秋のるもい地域をお楽しみください!

留萌市・海のふるさと館に作られたフォトスポット!
夕陽の絶景と一緒にパシャリ!
日本海が荒れだして、冬の訪れを感じます…

日に日に気温が下がってきました。
明日の朝には、
るもい地域の寒い朝の風物詩
けあらしがでるとか!?
冬を迎えるにあたって、
留萌市内の観光施設も
冬季休館にはいっています。

夕陽の絶景名所・海のふるさと館は今年、
10月31日まで開館。
留萌の貴重な資料が収められているほか、
海沿いの高台に位置するので、
日本海に沈む夕陽がのぞめます。
館内にはフォトスポットも!
本ブログに寄稿してくれている
地域おこし協力隊・ななちゃんが
アクリル板で製作した、
留萌の夕陽をアピールしながら
写真を撮ることができる
フォトボードです!

だんだんと波が高まり、
曇りが多くなってきた空…
冬が来る前に、
日本海の絶好の夕陽を
ばっちり写真に収めたい!
冬季休館前のラストチャンスに、
留萌市、海のふるさと館へ
お越しください。

海のふるさと館
留萌の自然、歴史、文化に関わる資料が展示されています。日本海に面した高台に位置するので、絶景スポットとしても、留萌に来たらまずは訪れたい施設です!
住所:留萌市大町2丁目3−1
問合:留萌観光協会 0164−43-6817
留萌市海のふるさと館
鏡沼海浜公園キャンプ場は10月24日まで
この景色のなかでキャンプ!
スタンプラリーで豪華景品をゲット!

日増しに涼しくなってきました。
北海道の左上ではすでに、
ストーブに火をいれたという声も
聞こえています。
景色も秋に色づきはじめ、
いよいよ、
長く厳しい北海道の冬を
覚悟せねばなりません…
雪や風に阻まれて
おでかけしづらくなる前に!
秋のレジャーを楽しみましょう。

るもい地域最北端に位置する天塩町の、
鏡沼海浜公園キャンプ場は
10月24日までオープン!
なんと【手ぶらでキャンプ】も
楽しめます。
テントや寝袋はもちろん、
椅子や机、調理器具にコンロまで
安心の一式!

さらに天塩町では、10月いっぱい
観光施設を巡ってスタンプラリーする
【てしおでおして】を開催!
天塩町の特産品が当たるかも!?
景品が豪華です…!

秋のレジャーに、
るもい地域最北端・天塩町まで
足をのばしてみませんか。

天塩町情報、詳しくはこちら
>>てしおでおして
>>手ぶらでキャンプ