北海道の左上 秋の風景〜遡上する鮭と雲海〜

季節の巡りは早いですね。
北海道の左上は晩秋?!初冬?!
あっという間に初雪の季節になります。
人々の暮らしぶりも着々と冬仕様に。
自家用車のタイヤも冬用のスタッドレスタイヤに取り替える季節です。

冬が来る前、自然界はダイナミックで神秘的な風景を私たちにもたらしてくれます。
故郷の川に帰ってくる鮭の遡上と雲海の動画が届きましたので、ご覧ください!

鮭の遡上

雲海

朝晩の気温が下がるようになってきました。
日中、暑い暑いとうちわ片手でも、
陽が暮れてから外に出ると、半そででは心許ないくらい。
空も、すっかり秋色です。

実りの秋、最北の果樹地帯も甘い香りにつつまれます。
サクランボで始まった増毛町の果樹シーズンは、
旬をうつしつつあります。

8月、早生のリンゴがとれました。
綺麗な赤に色づいた実は、甘酸っぱい若い香りがします。

いまはプラムが美味しい季節。
もう少しすると、ブドウ、ナシ、リンゴが市場にではじめます。
実りの季節、秋の味覚を楽しみに虫の声をきいています。

【増毛 りんご回廊 -Mashike Apple Corridor-】
7月のサクランボに始まり、8月にはプラム、すいみつ、
秋にはブドウ、洋ナシ、リンゴなどがたわわに実る増毛町。
「りんご回廊」ではその名のとおり、果樹農家さんが軒を連ね、
季節それぞれに旬の果樹が実ります。
果物狩り体験のできる農家さんもあるので、見て、体験して、
食べて、買って、最北の果樹地帯を満喫してください。
住所:増毛町南畠中町9丁目から道道546号
りんご回廊入口

お天気がつづく北海道の左上。
ドライブに、ツーリングに、サイクリングに、
日本海沿いを走るオロロンラインは最高!
最北の果樹地帯、増毛町へも、
毎週末おおくのお客さんがいらっしゃいます。

みなさんのお目当てはこれ!

サクランボ!!!
現在、サクランボが最盛期を迎えています。
真っ赤な実をたくさんつけて、枝葉をのばすサクランボの木。

赤ばかりではないのが、増毛のサクランボ。
こちらは黄色の実をつける「月山錦(がっさんにしき)」という品種。

スーパーにもサクランボが並ぶようになりましたが、
こんなに色々な種類があって、
それぞれに異なる特徴があることを、
北海道の左上に住んで初めて知りました。
青空のもと、自分の手でもいで食べる旬の果樹は格別。
サクランボ畑で、あなたのお気に入りの品種をみつけてください。

8月も半ばになるとサクランボ狩りはおしまい。
旬はブルーベリーやプルーン、プラム、洋なし、ぶどう、りんごと移ろいます。
最北の果樹地帯で、季節を感じながら、
最高の果樹を味わいませんか。

【増毛 りんご回廊 -Mashike Apple Corridor-】
7月のサクランボに始まり、8月にはプラム、すいみつ、
秋にはブドウ、洋ナシ、リンゴなどがたわわに実る増毛町。
「りんご回廊」ではその名のとおり、果樹農家さんが軒を連ね、
季節それぞれに旬の果樹が実ります。
果物狩り体験のできる農家さんもあるので、見て、体験して、
食べて、買って、最北の果樹地帯を満喫してください。
住所:増毛町南畠中町9丁目から道道546号
りんご回廊入口

リリースしました!!!
るもい地域PR動画【Northwest Coast Walking In RUMOI Area】

動画を見て、
主人公になった気持ちで地域を歩き、
写真を撮るように魅力を発掘してほしい…
3年かけて、
るもい地域8市町村+島を巡る9本の動画を制作するPR動画企画。
初年度、3市町の動画をリリースしました。

南から北上するように制作します。
今年度は南部3市町。増毛町、留萌市、小平町!

もうご覧いただけましたか?
監督も、モデルも、もちろん担当する留萌観光連盟事務局スタッフも、
想いを寄せて制作にあたった動画です。

ご覧いただいている【ここほれ!北海道の左上】サイトでは、
今後、動画の企画に至ったストーリーや制作秘話、
ロケ地などをご紹介します。
ぜひ動画と一緒に、るもい地域の物語をお楽しみください。

企画コンセプトや、
監督、モデルのコメントをまとめた特設ページもチェック!!!
>>Walking In RUMOI Area

オロロンまっぷスタンプラリーリリースに、
想像以上の反響をいただいています!
観光オフシーズンにさしかかるこの時期、
応募はあるのかとドキドキしていましたが続々と…!
ぜひ冬の るもい地域を楽しむツールとしても、
オロロンまっぷをお手に取っていただければと思います。

さて、オロロンまっぷスタンプラリーに次いで、
みなさまにお知らせしたいコンテンツが…リリース間近!!!

みなさま、るもい地域の魅力をどれほどご存知でしょうか。

歴史と文化があって、

美しい景観があって、


海の幸、山の幸に恵まれています。

けれど、
「るもい地域から来ました!」と言っても反応はイマイチ…
もっともっと多くの方に知ってほしい!!!

たとえばここ、どこでしょう?

こちらは?

ここはどうでしょう?

地元の人も知らない、魅力的なスポットが多くあります。
それらを掘り起こして、
未だその魅力に触れたことのない方々へ、
地域に近づくきっかけとして広めたい。

そのためにわたしにできることは…?

新コンテンツ、まもなくリリース!!!
ご期待ください!!!

るもい地域に、秋がやってきました!
海の幸も、山の幸も豊富なるもい地域は、
その便りが目に、耳に、鼻に、そしてお口に届きます!

稲穂が、スッキリ晴れた陽をあびて金色に輝く秋。
春先にはなにもなかった田んぼ。
水が張られて、鏡のように空を映して青色でした。
夏には黄みの強いスクスクとした稲が一面に広がって、
いよいよ秋。
重たそうに首を傾げる稲穂は、風を受けてシャラシャラと鳴ります。
実りの秋、収穫スタート!

最北の果樹地帯、増毛町では甘い香りが広がります。
リンゴをはじめ、ブドウ、プルーン、洋梨…
1本の木が、立派な実を20も30もつけて傾いでいる姿は圧巻!

川に鮭が帰ってくれば、「秋」を認めざるをえません!
澄んだ川を真っ黒に染めて遡上する鮭の群れ。
一生懸命生きる姿に、感動を覚えます。
見入っているうちに浴びた飛沫で、服や靴がしっとり…(笑)

今回ご紹介した写真は、
すべて今年、増毛町にて撮影しました!
海の幸・山の幸問屋、増毛町
自慢の味覚を堪能できる「秋の味まつり」でお会いしましょう!!!

第48回増毛秋の味まつり
【日時】9月29日 日曜日

    午前10:00 ~ 午後2:00
【場所】増毛港中央埠頭

○ 秋鮭限定販売
○ 農産品販売(リンゴ、ブドウ、洋梨、プルーン)
○ 水産加工品販売(塩たらこ、新巻鮭、糠にしん、たこやわらか煮)
○ 地酒、国稀販売
○ うまいもの屋台街
○ 炭火焼きコーナー(買ったホタテもその場で焼ける!)
○ ゆりかもめ みなと見学会
○ 大抽選会(増毛の特産品が当たる!当たる!)
○ ほたてフリスビー、サーモンJUMP、タコつぼ輪投げ、流しフルーツ
(増毛ならではのオリジナルアトラクションに子どもたちも夢中!)