るもい地域の1年

撮影:初山別村金比羅神社 ネオワイズ彗星とISS
撮影:初山別村金比羅神社 ネオワイズ彗星とISS
撮影:初山別村金比羅神社 ネオワイズ彗星とISS
撮影:苫前町古丹別川
撮影:留萌市千望台
撮影:留萌市千望台
撮影:留萌市千望台
留萌市瀬越海岸
留萌市瀬越海岸
留萌市瀬越海岸

季節移ろう北海道の左上。
12月も半ば、すっかり冬の景色です。

留萌市にお住まいの飯田誠さんから、
季節の写真が届きました。
るもい地域の四季をふりかえりましょう。

今年7月には、ネオワイズ彗星が明るく見られました。
留萌市でも、千望台やゴールデンビーチで、
彗星観察ができたそうです。
写真は、初山別村の金比羅神社。
水中鳥居とネオワイズ彗星、国際宇宙ステーションも映りこんでいます。
道北随一の天体望遠鏡が設置されている、
初山別村らしさが感じられる1枚です。

初夏は、子鹿が生まれる季節。
いまごろこの子鹿も、
立派に雪原を駆けているでしょう。

良く晴れた日、
天売島、焼尻島、
そのむこうには利尻島まで見渡せる千望台。
冬期は封鎖しているため、
この絶景も来春までおあずけです。

おだやかに虹がさしかかる瀬越海岸は、
12月現在、波が高く、雪が積もり、
まっすぐに立つことも困難なほど真冬の様相です。

季節によって表情をかえる るもい地域。
ぜひ冬にも、カメラ片手にあなただけの絶景を見つけに来てください。
その際には、防寒対策を万全に!

日本海の【けあらし】
日本海の【けあらし】
日本海の【けあらし】

留萌でも今シーズンはじめての雪が降りました!
そして、一瞬で吹き飛ばされていった雪…
豪風で名高い留萌の風も、本気をみせてきています。

本当は初雪に染まった景色をお届けしたかったのですが、
撮影が叶わなかったので、
今回は、るもいの冬の風物詩をご紹介!
日本海の【けあらし】です。

海水と外気の温度差から、冬の海に時折あらわれる「けあらし」。
朝焼けのなか、極寒に震えながら見るその景色には
心動かされます。
自然現象なので出現が約束されるものではありません。
希少な絶景けあらしは、
今年どれくらい姿を現してくれるでしょうか。
冬は、始まったばかりです。

地元のコミュニティ放送局では、
この時期、「けあらし予想」で翌朝のけあらしの出現を予想しています!
【エフエムもえる 76.9Mhz】
インターネットでも聞くことができるので、
けあらしの絶景を見たい!という時にはぜひ参考にしてください!

季節の巡りは早いですね。
北海道の左上は晩秋?!初冬?!
あっという間に初雪の季節になります。
人々の暮らしぶりも着々と冬仕様に。
自家用車のタイヤも冬用のスタッドレスタイヤに取り替える季節です。

冬が来る前、自然界はダイナミックで神秘的な風景を私たちにもたらしてくれます。
故郷の川に帰ってくる鮭の遡上と雲海の動画が届きましたので、ご覧ください!

鮭の遡上

雲海

秋も深まってきましたね。
北海道の左上、るもい地域の多くの家庭では
秋の風物詩ともいえる「いくらの醤油漬け」づくりの
ピークを迎えています!

大きな鮭ですね。
手前がメス!奥がオス!
この鮭は釣った鮭だそうです。
この季節は鮭釣りも最盛期。
多くの太公望達が沿岸で競いあっています。

メスの鮭を裁くと…大きな粒に成熟した生筋子。
これを塩水やぬるま湯で綺麗にしながらほぐします。

血わたも全て取り除くと…こんなに綺麗な色のいくら!
これから醤油に漬け込みます。

醤油に漬け込んで一晩。
炊きたてのご飯にたっぷりといくらをかけて「いくらご飯」。
秋のるもいの一番のご馳走です。
地元の寿司店や飲食店でもこの時期は「いくら丼」がイチオシメニュー!
るもいエリアにお越しの際には、是非ともご賞味ください。

るもい地域にも、いよいよこの時期がやってきました…

秋サケ漁、解禁!!!

まだまだ沖合を回遊するサケ。
漁港では、漁師さんがとるサケがばたばたと音をあげています。
もう少しすれば、海岸で波間を踊る様子や、
川を遡上する力強い姿が見られるように。

毎年この時期になると、カメラ片手に、
川へ漁港へサケを追うアマチュアカメラマン、渡辺一夫さんのお話では、
昨年は9月17日にはじめての遡上が見られたそう。
今年の、川一番乗りは…!?
渡辺さんのしらせを楽しみに、秋の味覚に想いを馳せるのでした。

撮影:渡辺一夫

すてきなロゴマークとともに、
今年7月にグランドオープンした道の駅るもい。
夕陽や海がモチーフのロゴマークは、
留萌市の魅力がぎゅっとつまったデザインです。

今月、もうひとつロゴ看板が増えました。
その名も「みなとオアシス るもい」!

観光やイベント等地域交流、また情報発信の拠点として、
「みなと」を核としたまちづくりを推進する「みなとオアシス」!
留萌市は、全国で141番目の登録です。

南岸壁や黄金岬、古丹浜ふ頭を含む「みなとオアシスるもい」は、
留萌市の「みなと」として、
観光にイベントに、大きな役割を果たしています。

そして代表施設「るしんふれ愛パーク」!
道の駅となったことで、情報発信能力もパワーアップしました。
観光コンシェルジュが常駐して、
いつでもどんなことでも、るもい地域の情報をお伝えします。

るもい地域旅、まずは、
「みなとオアシスるもい」であり、「道の駅るもい」である
るしんふれ愛パークにお立ち寄りください!

るしんふれ愛パーク