春来たる 北海道西海岸の群来

鰊の大群がやってきた
沿岸一帯が乳白色に染まる

北海道の西海岸 鬼鹿の浜が真っ白に染まる
“群来”です
足元数cmの所まで ニシンが!

群来の動画はこちらから↓

群来:魚が産卵のために沿岸に大群で来る
   こと。特に鰊についていう。

留萌市の移住定住情報サイト・るもいらいふ
オロロンライン
留萌の桜はまだもう少し(2020年撮影、神居岩公園)

留萌市の
移住・定住に関する情報をまとめた
専門サイトがオープン!

>>るもいらいふ

暮らし、住まい、子育て、仕事と
生活で気になる情報を掲載しています。
さらに、
電話やメールなどで
詳しいこともご相談いただけます。

新生活に不安な
身のまわりの情報を一括で
入手できるのが嬉しいポイント。
実は、
こうした移住情報を掲載しているのは
留萌市ばかりではありません。

春、るもい地域でも
雪が溶け、スイセンやチューリップの葉が
顔を出し始めています。

心機一転、
新生活をはじめる第一歩に、
るもい地域はいかがでしょう。

程よく塩味がきいた「糠にしん」
お店でてづくり
撮影:渡辺一夫氏

「いらっしゃいませ!」

留萌市にあるお土産屋さん、
お勝手屋萌の店内には
魚を焼いた良いかおり。
人気の「磯むすび」が復活しました。

「糠にしん」と
「数の子と昆布の佃煮」、
おにぎり2種が入った磯むすび。
昨今、
コンビニ等でさまざまなおにぎりが
販売されていますが、
こちらの具材は、きっと、
留萌市でしか食べられません。

その日の朝、
留萌市幌糠産のゆめぴりかを
ふっくら炊きあげ、
塩と糠だけで仕上げた
無添加糠にしんを香ばしく焼き、
数の子と昆布の佃煮といっしょに、
やさしくにぎった磯むすび。
しっかり手間と時間をかけて
お店で手作りしているため、数量限定。
前日、午前までのご予約がおすすめです。

冬のお休みがあけ、
留萌市のお土産屋さんお勝手屋萌本店で
復活した磯むすび。
留萌の浜の味をご賞味ください。

お土産処 お勝手屋萌 本店
留萌市ばかりでなく、管内全域の特産品を豊富にそろえるお土産屋さん。市内観光案内所も兼ねており、観光、ビジネス、職場や団体の研修等で訪れた皆様へ、さまざまな情報や便利が詰まっています。まずは「萌」へお立ち寄りください。
JR留萌駅から徒歩3分。
電話:0164-43-1100
住所:〒077-0007 北海道留萌市栄町3丁目2-13
営業:9:00~18:00 (1月~3月水曜定休、4月~12月無休、12/31・1/1休業)
おみやげ処 お勝手屋 萌
けあらし 2021/01/17
けあらし 2021/01/17

けあらし 2021/01/17

2021年初「けあらし」が、
1月17日に見られました。
 
気温が氷点下10度を下まわる朝、
寒い、を通りこして、痛い、とも言える午前7時、
空がだんだんと明るくなります。
立ち上る靄の輪郭が、
日の出とともにはっきりとして、
海を覆いつくして揺れる光景こそ、
るもい地域の冬の風物詩「けあらし」です。

海水と外気の温度差から、
冬の海に時折あらわれる「けあらし」。
自然現象ゆえ、出現が約束されるものではありません。
日の出を彩る幻想的な光景をひと目みようと、
早朝、厳寒の日本海へ
カメラ片手に集まる方も増えてきています。

地元のコミュニティ放送局では、
「けあらし予想」と称して
翌朝のけあらし出現を予想しています!
【エフエムもえる 76.9Mhz】
インターネットをとおして聞くこともできるので、
ぜひ参考にしてください。

撮影:初山別村金比羅神社 ネオワイズ彗星とISS
撮影:初山別村金比羅神社 ネオワイズ彗星とISS
撮影:初山別村金比羅神社 ネオワイズ彗星とISS
撮影:苫前町古丹別川
撮影:留萌市千望台
撮影:留萌市千望台
撮影:留萌市千望台
留萌市瀬越海岸
留萌市瀬越海岸
留萌市瀬越海岸

季節移ろう北海道の左上。
12月も半ば、すっかり冬の景色です。

留萌市にお住まいの飯田誠さんから、
季節の写真が届きました。
るもい地域の四季をふりかえりましょう。

今年7月には、ネオワイズ彗星が明るく見られました。
留萌市でも、千望台やゴールデンビーチで、
彗星観察ができたそうです。
写真は、初山別村の金比羅神社。
水中鳥居とネオワイズ彗星、国際宇宙ステーションも映りこんでいます。
道北随一の天体望遠鏡が設置されている、
初山別村らしさが感じられる1枚です。

初夏は、子鹿が生まれる季節。
いまごろこの子鹿も、
立派に雪原を駆けているでしょう。

良く晴れた日、
天売島、焼尻島、
そのむこうには利尻島まで見渡せる千望台。
冬期は封鎖しているため、
この絶景も来春までおあずけです。

おだやかに虹がさしかかる瀬越海岸は、
12月現在、波が高く、雪が積もり、
まっすぐに立つことも困難なほど真冬の様相です。

季節によって表情をかえる るもい地域。
ぜひ冬にも、カメラ片手にあなただけの絶景を見つけに来てください。
その際には、防寒対策を万全に!

日本海の【けあらし】
日本海の【けあらし】
日本海の【けあらし】

留萌でも今シーズンはじめての雪が降りました!
そして、一瞬で吹き飛ばされていった雪…
豪風で名高い留萌の風も、本気をみせてきています。

本当は初雪に染まった景色をお届けしたかったのですが、
撮影が叶わなかったので、
今回は、るもいの冬の風物詩をご紹介!
日本海の【けあらし】です。

海水と外気の温度差から、冬の海に時折あらわれる「けあらし」。
朝焼けのなか、極寒に震えながら見るその景色には
心動かされます。
自然現象なので出現が約束されるものではありません。
希少な絶景けあらしは、
今年どれくらい姿を現してくれるでしょうか。
冬は、始まったばかりです。

地元のコミュニティ放送局では、
この時期、「けあらし予想」で翌朝のけあらしの出現を予想しています!
【エフエムもえる 76.9Mhz】
インターネットでも聞くことができるので、
けあらしの絶景を見たい!という時にはぜひ参考にしてください!