北の漁場

1、礼受漁港を母港とする第12祐盛丸
2、出漁準備は夜が明ける前の静けさの中で
3、作業灯を煌々と輝かせて漁場へ向かいます
4、今日も大漁かな?
5、かもめ達が船から離れない
6、大きな電動のタモで鮭を船艙から水揚げ

北海道の左上、
留萌の秋は鮭達が生まれた故郷に
戻ってくるシーズン。

鮭の別名?!秋味・アキアジとも
地元の私たちは言います。
秋を感じる地元の恵みが沢山ある中でも、
海の街で育った私たちにとって、
アキアジはやっぱり
ソウルフードなのだろうと思います。

鮭が帰ってきたと言っては、
命がけで遡上する川へ向かい、
全身の力を振り絞って川上へと上る鮭を
じっと眺めては、
ココロの中で「頑張れ!頑張れ!」と
声をかけ続けたりしてしまいます。

そう。
してしまうのです。
声に出せば、恥ずかしいので、
ココロの中で…。

その一方で、
初物と喜んでは
魚屋やスーパーで切り身よりも
1本まんまの鮭を買ってきては、
その大きな魚体と格闘し、
頭、身、アラ、白子や生筋子を
余すところなく味わうのも秋の楽しみ。

9月半ば、
気温も一桁に下がるほどの寒さの中、
鮭定置網の網起こし(鮭漁)に向かう
一隻の船を礼受漁港から見送りました。
出漁は午前4時30分、
日の出前のことです。
作業灯に照らされる漁師さん達を
港で見送り、港で待つこと1時間半後、
定置網漁から漁船が戻ってきました。
港に接岸したとたん、
船の周りにはカモメ達がおこぼれ狙い。
そんな中、
タモと呼ばれる電動の大きな網で
船底の水槽から
キラキラと光る魚体が無数に!

水揚げされた鮭は、
メス、オス、キズ、ブナの
4種類に素早く選別されて、
市場へと出荷されていきます。

気がつけば、
時計は午前6時30分を指しています。
出港から帰港、出荷まで約2時間あまり。
それはもう見事な漁師の連携プレー。

秋の風物詩なんて悠長に構えていては
漁師にも鮭にも失礼でした。

やっぱり、
北の漁場は男の仕事場でした。

雪の船場公園が美しいトップページ
アーティストと一緒に留萌観光
今でも吹奏楽練習などが行われる文化センター
夕陽の景色は、地元の人にとっても思い出深い

留萌市で新企画がスタート!
「RUMOI meets AR」、
略して「RUMAR」です!
ARを活用して
留萌の魅力を発信しています。

ARとは、現実世界に
架空情報を加えて「拡張現実」を
展開する技術のこと。
ゲームアプリで
現実世界の画面を背景に
モンスターをゲットしたり、
カメラアプリで
エフェクトをつけて遊んだりするのも
AR技術によるものです。
人口2万人の小さなまち留萌にも
最新技術が…?

企画したのは、
留萌市地域おこし協力隊の佐伯結さん。
昨年、東京からUターンしてきました。
高校までを留萌市で過ごした佐伯さんは、
ARを介して地元・留萌の
地域課題を解決したいと考えています。

現在、「RUMAR」では
2つの企画が公開されています。
登場するのは、
モンスターでも動物エフェクトでもなく、
留萌市出身のアーティストたち!
企画第1弾は、
彼らの思い出の場所をマップに示し、
そこへ行くことで視聴可能になる
インタビュー動画。
第2弾は、
彼らが語る留萌の記憶を
インタビューしたオムニバスストーリー。
こちらは、
留萌市外からも視聴可能です。

「留萌には、
埋もれている魅力が多くある」
留萌出身のアーティストも、
その1つです。
佐伯さんが掘りおこす地域の魅力を、
「RUMAR」で体感してください!

>>RUMOI meets AR

フェリーに乗って島へ!
海の風景は地域によっても少しずつ異なります
海をバックに広大なショット
趣ある島の風景
木造校舎は雰囲気満点!

1分間に各市町村の魅力を
ぎゅっと詰めこんだ、
るもい地域PR動画企画
Northwest Coast
Walking
In RUMOI Area!
3年かけてるもい地域を巡り、
今年はついに最終年です!

るもい地域北部、そして島まで足を伸ばし
「ここどこ?」と思わず見入る
映えポイントをカメラにおさめます。

「るもい地域」と検索する
きっかけを作りたい。
情報にあふれる現代社会で、
ここ、北海道の左上に触れる
興味をもつスタートコンテンツとして
Northwest Coast
Walking
In RUMOI Areaが
生まれました。

動画の主人公になって、
るもい地域を颯爽と歩く自分を
想像してください。
そこには、
言わずと知れた
地域を代表する魅力はもちろん、
地域に暮らす私たちですら気づかなかった
景観や食、文化が映しだされています。

昨年、一昨年制作の
増毛、留萌、小平、
苫前、羽幌、初山別はこちら!
>>Walking In RUMOI Area

黄金岬でカニ釣りに挑戦!
礼受牧場自慢のソフトクリーム
千望台ではコーヒーでホッとひと息
留萌の魅力いっぱいのKAZUMOちゃん号でお待ちしてます

留萌市内の
巡回観光バスKAZUMOちゃん号!
もう乗りましたか?
黄金岬、礼受牧場、千望台、
商店街、JR留萌駅、そして道の駅を巡る
KAZUMOちゃん号は今週末まで!
途中乗降可能なのが
うれしいポイントです。

黄金岬でカニ釣りに挑戦!
この時期のカニは知恵がついてきて
ちょっとやそっとじゃ釣れません。

礼受牧場でこだわりのソフトクリームを
いただきます!
日本海をのぞむ絶景が
さらに美味しく感じさせるでしょう。

千望台では飲み物やスイーツのほか、
留萌の海の幸をつかったメニューで
腹ごしらえもできます。

商店街や駅周辺を街歩き。
あなただけの
留萌の魅力を見つけてください。

留萌の歴史や文化、観光ポイントを
知ることができるガイドつきの
KAZUMOちゃん号は、
なんと無料で乗ることができます!
この機会は今週末まで!
お盆の機会にご家族で、
お友だちと、パートナーと一緒に、
留萌の魅力を再発見しませんか。

詳しくはこちら(留萌観光協会)

今年も一般公開中
学芸員さんが常駐しているので詳しいお話がうかがえます
鰊漁に従事した人の名前を掲載した番付板が当時のまま残されている
船の色が綺麗に残っている
トタ倉には重要有形民俗文化財に指定された漁具の数々

今年も、佐賀家漁場の一般公開が
8月1日から5日の期間で行われます。

1844年に礼受で鰊漁場をひらき、
以降113年間にわたって鰊漁が営まれた
この場所では、建物群から船着場、
漁具まで状態良く保存されており、
国指定史跡、
また国指定重要有形民族文化財に
選ばれています。

かつて留萌の浜をわかせた鰊漁。
当時の面影を、
現在の浜に感じることはありませんが、
こうして、佐賀家に残る貴重な資料が
1年のうち期間限定で公開されています。
この機会に、
留萌の歴史に触れませんか。

旧留萌佐賀家漁場

住所:留萌市礼受町13番地の1
一般公開期間:8月1日(日)〜7日(土) 10:00〜16:00
入場料:無料
お問い合わせ:0164−42−0435(留萌市教育委員会)

この看板が停留所!
留萌駅に到着するKAZUMOちゃん号
留萌市出身バスガイドしほちゃん

5年ほど前、夏の留萌市内を走った
【KAZUMOちゃん号】。
市内を巡回し、
名物バスガイド「ジージーガイド」さんが
留萌市の歴史やお祭り、
商店や食の魅力を伝えていました。
しばらくお休みしていましたが
今年夏!満を辞して復活します!!!

新型コロナ感染症対策として、
沿岸バスの大型車を使用!
車体を彩る
黄色のKAZUMOちゃんが目印です!
道の駅るもい、黄金岬、礼受牧場、
千望台、るもいプラザ、留萌駅を
1時間かけて巡ります。
留萌出身のバスガイド・しほちゃんの
ガイドも必聴!
大満足の留萌市観光が
なんと無料で楽しめます!!!
7月23日(金祝)、24日(土)、
8月7日(土)、8日(日)、
9日(月祝)、14日(土)、
15日(日)の限定運行です。

この夏はKAZUMOちゃん号に乗って
留萌市の魅力を見つけに出かけませんか。

詳しくはこちら(留萌観光協会)