るもい地域の1年

撮影:初山別村金比羅神社 ネオワイズ彗星とISS
撮影:初山別村金比羅神社 ネオワイズ彗星とISS
撮影:初山別村金比羅神社 ネオワイズ彗星とISS
撮影:苫前町古丹別川
撮影:留萌市千望台
撮影:留萌市千望台
撮影:留萌市千望台
留萌市瀬越海岸
留萌市瀬越海岸
留萌市瀬越海岸

季節移ろう北海道の左上。
12月も半ば、すっかり冬の景色です。

留萌市にお住まいの飯田誠さんから、
季節の写真が届きました。
るもい地域の四季をふりかえりましょう。

今年7月には、ネオワイズ彗星が明るく見られました。
留萌市でも、千望台やゴールデンビーチで、
彗星観察ができたそうです。
写真は、初山別村の金比羅神社。
水中鳥居とネオワイズ彗星、国際宇宙ステーションも映りこんでいます。
道北随一の天体望遠鏡が設置されている、
初山別村らしさが感じられる1枚です。

初夏は、子鹿が生まれる季節。
いまごろこの子鹿も、
立派に雪原を駆けているでしょう。

良く晴れた日、
天売島、焼尻島、
そのむこうには利尻島まで見渡せる千望台。
冬期は封鎖しているため、
この絶景も来春までおあずけです。

おだやかに虹がさしかかる瀬越海岸は、
12月現在、波が高く、雪が積もり、
まっすぐに立つことも困難なほど真冬の様相です。

季節によって表情をかえる るもい地域。
ぜひ冬にも、カメラ片手にあなただけの絶景を見つけに来てください。
その際には、防寒対策を万全に!

リリースしました!!!
るもい地域PR動画【Northwest Coast Walking In RUMOI Area】

動画を見て、
主人公になった気持ちで地域を歩き、
写真を撮るように魅力を発掘してほしい。
3年かけて、
るもい地域8市町村+島を巡る
9本の動画を制作するPR動画企画。
昨年の増毛町、留萌市、小平町につづき、
今年は苫前町、羽幌町、初山別村を制作しました!

「ここどこ?」と目を奪われる
るもい地域の景色、グルメ、文化の数々。
「るもい地域」というイメージも
アップデートされるはず。
さあ、あなたに響く
【北海道の左上】を見つけてください。

>>Walking In RUMOI Area

1分間に各市町村の魅力をぎゅっと詰めこんだ
るもい地域PR動画企画
【Northwest Coast Walking In RUMOI Area】進行中です。
今年度は苫前町、羽幌町、初山別村を撮影!

各町村を巡って、カメラを構えて、
「ここどこ?」と心ひかれるポイントを探します。

お留守番していたスタッフも、
同行スタッフの持ち帰った写真に「ここどこ?」と興味津々。
まだまだ、目を見張る、ひきつけられる景色が、この地域に眠っています。

「るもい地域」と検索するきっかけをつくりたい。
情報であふれる現代社会で、
ここ、北海道の左上に触れる、興味をもつスタートコンテンツとして、
【Northwest Coast Walking In RUMOI Area】が生まれました。

動画の主人公となって、
るもい地域を颯爽と歩く自分を想像してください。
そこには、
言わずと知れた地域を代表する魅力はもちろん、
地域に暮らす私たちですら気づかなかった
景観や食、文化が映しだされています。

↓↓↓昨年制作の増毛、留萌、小平の動画はこちら↓↓↓
>>Walking In RUMOI Area

お天気が安定して晴れの日が増えました。
カメラを構えたくなる季節、
今年も、この企画がスタート!

>>るもい地域PR動画【Northwest Coast Walking In RUMOI Area】

「るもい地域」と検索してほしい。
本企画は、この想いからスタートしています。

情報にあふれる現代社会において、
検索ボックスにキーワードを打ち込めば簡単に情報を入手できます。
また地域においてみれば、
食、景観、イベント、体験と、様々な情報が発信されています。
るもい地域も、観光情報は数多、楽しみ方は自在。

そこで、興味をもって「るもい地域」と検索してもらえるような、
足を運んで楽しんでもらえるような、きっかけとなるツールとして
【Walking In RUMOI Area】がスタートしました。

動画の主人公となって、
るもい地域を颯爽と歩く自分を想像してください。
そこには、言わずと知れた地域を代表する魅力はもちろん、
地域に暮らす私たちですら気づかなかった
景観や食、文化が映しだされています。

これまで増毛、留萌、小平の3市町を公開。
今年は苫前、羽幌、初山別の3町村で作成します!

スタッフイチオシのハスカップソフトも登場!?
現在ロケハンを終え、撮影の調整中です。
今年も【Northwest Coast Walking In RUMOI Area】の
制作の裏側をご紹介!お楽しみに!

今年のるもいエリアは雪も少なく、真冬のドライブも意外に安全。例年の冬なら圧雪アイスバーンの路面も、今年はアスファルトが出ているところが多くて、走りやすい。でも、安全運転で、片道2時間の冬道ドライブを楽しみました!
北海道の左上、オロロンラインの道の駅は現在、北は天塩町から南は小平町まで6箇所あります。北から順にご紹介します。

(株)天塩の國 計良さん

道の駅てしお 特産品販売コーナーを運営する(株)天塩の國 計良さん。オススメの特産品がたくさんありますね。

道の駅てしおは国道沿いにあって、わかりやすい!
特産の天然しじみたっぷりのラーメンも美味しいよ。

道の駅てしお

道の駅てしお

遠別町にある道の駅富士見は4月のリニューアルオープンに向けて準備中です。春になったら是非お立ち寄りくださいね。24時間トイレは使えます!

道の駅富士見

道の駅富士見

初山別村の道の駅には、すぐそばに温泉(岬の湯)があり、日帰り入浴も楽しめます。

道の駅ロマン街道しょさんべつ

道の駅ロマン街道しょさんべつ

羽幌町の道の駅で新たな特産品を発見!羽幌町のキャラクターオロ坊が焼印された今川焼きがありました。こしあん、カスタードクリームの2種類。焼きが間に合わないくらい、どんどんお客さんが買い求めて…。私も一個ご相伴。美味しかった!

オロ坊焼き

オロ坊焼き

リアルオロ坊もいました

リアルオロ坊もいました

苫前町の道の駅は温泉併設!苫前漁港を見下ろす露天風呂が最高です。
ドライブ途中にぜひ!おすすめです。

道の駅ふわっと苫前

道の駅ふわっと苫前

最後の道の駅は小平町です。鰊番屋を思わせる木造が印象的。
小平町は漁業と農業のマチ!農家さんが作るキャラメルが美味しそう!海産物も豊富に取り揃えていて、選びきれない!

道の駅おびら鰊番屋

道の駅おびら鰊番屋

道の駅おびら鰊番屋で人気の「農家さん手作りキャラメル」

道の駅おびら鰊番屋で人気の「農家さん手作りキャラメル」

暴風雪のイメージがあるオロロンラインですが、今年は雪も少なく割と穏やか。
冬も楽しめるオロロンラインの道の駅を安全運転で巡ってみてね。

前回、飯田誠さんの写真から黄金岬の星空をご紹介しました。
詳しくはこちらの記事へ→刮目して見よ!!!グリーンフラッシュ
そう!るもい地域は星がキレイ!!!

「田舎はどこも星がキレイでしょう」

そのとおり!!!
ですが、いざ星を見ようにも、
意外と街の明かりや車通りが気になったりするものです。
そこで、るもい地域でも特別キレイに見られる、
オススメ星空観察ポイントをご紹介します。
今回も、飯田さんの写真に案内していただきましょう。

まずは留萌市、ゴールデンビーチの夜空。
広いビーチの向こうには、留萌の街の明かりが見えます。
静かな波音を聞きながらの星空観察は、雰囲気がありますね。

おなじ水辺でも、留萌ダムを包むのは静寂。
そのぶん、星のまたたく音が聞こえてくるようです。
街灯や車通りが少ないので、
山間からのぞく星空を満喫できます。
…ただし、ガサガサッと身に覚えのない物音を聞いたら要注意。
キツネやシカならまだしも…
すぐに来た道を戻ることをオススメします。

千望台は、留萌市内でも最も星に近いところ。
街の夜景も一緒に楽しめます。
ただし、冬期通行止めとなってしまうので夏がオススメ!

 

留萌港では、対岸の家々や船の明かりとともに。
また、夏には満天の星空に大輪の花火が咲きます。
大きさも形も様々な花火が港の海面に映る様子は圧巻です。


留萌市の星空スポットをご紹介しましたが、
「るもい地域」といえば外せないのが、初山別村「しょさんべつ天文台」。
道北随一の大きさを誇る65cmフォーク式反射天体望遠鏡をはじめとする
望遠鏡が設置されており、夜空に輝く星をもっと間近で見ることができます。

アポロ計画月着陸船をモチーフとした天文台に降りそそぐ星々は、
まるで月に立つような錯覚におちいります。

初山別村「みさき台公園」内にあり、キャンプなどにも対応。
満天の星空のもとで眠り、日本海に反射する朝日で目覚める…
ロマンチックなアウトドアですね。
>>しょさんべつ天文台

飯田さんの写真に、るもい地域の星空を案内してもらいました。
あなたも、カメラを片手に夜のるもい地域へ出掛けてみませんか。
一期一会、忘れられない絶景に出会うかもしれません。

写真提供:飯田 誠 氏