留萌体験記① 初夏の海鳥リポート

初めまして!Yuki038です。
留萌在住歴3年目の私がこの夏出会った海鳥達を「ここほれ!北海道の左上」でご紹介します。
留萌体験記①は、初夏の海鳥リポートです。

平成から令和になる日、天売島に海鳥に会いに行ってきました。
留萌に引っ越してきて3年目。
ず~っと、ケイマフリに会いたいと思っていました。
留萌に住んでいるうちに行かないでいつ行く!ということで、人生初の一人旅を決行しました。

この日は、海がとても揺れていて、酔う人続出。私もその一人、
それで甲板に出てみたら!

まさかのケイマフリの出現!速攻、気持ちが復活しました♪

無事、島に到着し、ツアーに参加。
島を一周して案内してもらい夕方に。まず出会う海鳥はウトウ!
ウトウといえば、口からはみ出すほどたくさん鰯をくわえている写真のイメージ。
知識はそれだけで、なんにも知らず、ガイドさんの車に乗って赤岩に向かいました。
5月初旬で、40万カップルいたそうです。ってことは80万羽・・・。
日が暮れるくらいから、バサバサっと音が聞こえてきて、あっという間に、すごいスピードでたくさんのウトウが帰ってきました。
ウトウは、とても夫婦仲が良いんだそうです。よく、おしどり夫婦というけど、おしどりは浮気するらしいです・・・。島の人は、仲の良い夫婦を、ウトウ夫婦って言うんですよ、とガイドさんがおっしゃっていました。

暗闇の中、巣穴に帰ってくるウトウ。たくさん巣穴があっても、ちゃんと自分の家に帰れる

そして朝、一番の目的だったケイマフリ!
早朝、寺沢さんのケイマフリ号に乗り、近くまで会いに行くことが出来ました。
こんな近くで見れて良いのか!しかも、こんなにたくさん!

繁殖のシーズンで、カップルが多かったです

このシーン、すっごく撮りたかった!

もう、何枚も何枚も撮って、見られるのが数枚。
でも、撮影しなくても、ただ見てるだけで、本当にかわいくて、あっという間に時間が経ちました。
来年は、雛がいるシーズンにも行ってみたいです。

雪の残る利尻富士に見送られて帰ってきました

また来年会いに行きます!

一般社団法人 おらが島活性化会議 代表 齊藤暢(さいとうみつる)さん

羽幌町から高速船で1時間ほど、
天売島の海をバックにお話してくれた齊藤暢さん。
彼が代表を務める「一般社団法人 おらが島活性化会議」では、
天売島で、シーカヤックをはじめとする自然体験や、
イベントに出向いて島をPRする活動を行っています。

7月の半ばに旅した際、
天売島のアクティビティと言えばこの人!と思いご連絡させていただきました。
シーカヤックをしたかったのだけれど、当日海のうねりが激しく断念…
すると齊藤さんが、島をぐるっと案内して、
オロロン鳥など貴重な海鳥観察の後、焚火でウニまで焼いてくれたのでした。

オロロン鳥の繁殖地ともなっている赤岩

通りかかったお客さんにも気さくにガイドする齊藤さん。自前の望遠鏡でオロロン鳥を見せてくれました

天売島で生まれ、
天売島で暮らす齊藤さん。
本業の傍ら、島のPRに励みます。
陽があるうちにお仕事を終えた時には、
仲間で連絡をとって、食材を持ち寄って、
海辺で焚火を起こして、
日本海に静かに落ちる陽を見ながら乾杯するのだとか。

「帰るころには、街灯のない真っ暗な島の道を、
みんなフラフラだよ」

そう言って笑う齊藤さんは、本当に幸せそう。

「そういう、島では何気ないことだけど自分たちが好きでやっていることを、
訪れる人たちにも提供したいと思ったんだよね」

ガイドのおしまいに、岩場に降り立って「木を集めてきて」と…何が始まるのかと思いきや…

木を集めて起こした火で、じっくり焼いた「焚火ウニ」。余分な水分がとんで、身が旨みをギュッと抱きこんで、少し焚火の香りがして…最高。

「島時間を楽しんで」

そう言って帰っていった齊藤さんの後ろ姿は、真っ青な空より、きらめく日本海より、眩しく感じられたのでした。

>>一般社団法人 おらが島活性化会議

先週末、旅をしてきました!
留萌市から車で1時間、
羽幌町から出港する羽幌沿海フェリーの高速船に乗り、
日本海に揺られて1時間。
海鳥の楽園【天売島】です。

すべては、80万羽のウトウに会うため!!!

ウトウ(写真提供:北海道海鳥センター)

ウトウ
ウミスズメ科、体長38センチほど。
全体に黒っぽく、お腹は白、
オレンジのくちばしとその付け根上部にポコンと突き出す突起物が特徴的です。
日中は海で過ごし、日が暮れるとヒナのために陸へ帰ってきます。
子育ては陸で、地面に巣穴をほって行うのです。
その数80万羽。天売島は、世界最大の繁殖地です。

80万羽のウトウが、
人口280人ほどの天売島の夕空を染める光景を見たい。

ポコポコあいている穴は、すべてウトウの巣

ウトウが帰ってくるのは夕暮れ時なので、
それまでゆっくり島観光。

観音岬

歩いて3時間ほどで1周できてしまう島ですが、
見どころいっぱい。
海の青、雲の白、島の緑に感嘆の息が漏れます。

写真向こうに見えるのは焼尻島。
ぺったらこい(北海道方言:平たい)焼尻島にくらべ、
小高い天売島の道はまるで、海に続くよう。

島には学校もあります。
2019年現在、在校生9人の天売高校は定時制で、
日中はひっそりとしています。
踏むたびにギシギシいう廊下、
ダルマストーブを囲んで配置された職員室の机、
「冬になるとしばれて体育館の床が歪んじゃうんだよ~」
「卒業式1番の感動シーンで、
登壇者が歪んだ床につまづいて転んでな~」
というエピソードを聞きながらの校舎見学は、
生徒の賑やかな声まで聞こえてくるようでした。

島の方が岩場に連れてきてくれて、
何が始まるのかと思いきや「薪をひろってきて」。
波で流れついた白っぽい木を拾い集めると、
パチパチと火を起こして、殻付きのウニを中に…
ウニの口から、ふわりと煙が立てば「焚火ウニ」の完成です。

余分な水分が抜けてふわっとふくらむような身、
旨みが凝縮して、やさしい甘みを感じさせます。

「俺たちが最高だと思って普段していることを、
観光に来たお客さんにも体験してほしいんだよ」

島の方のお話も含めて、唯一無二の島時間をいただきました。

あっという間に日暮れ。
旅の目的、ウトウの帰巣とご対面です。

黒い点はみんなウトウ。素人カメラでは限界でした。

ポツポツと海からやってきた黒い点は、
いつの間にかしっかりとした形と質量をもって、
バサバサという羽音と、ヒュンッと風を切る空気とともに
島を覆うようでした。

「この先の道は鳥と衝突しやすいので、身を低くしてください!」

きっと、天売島以外では一生聞かないセリフ。

この感動は、島に来て、目で見て、耳で聞いて、肌で感じないとわからない。
天売島の魅力に浸ったわたしは、
るもい地域人として、少し成長したような、誇らしい気持ちになったのでした。

ウトウの帰巣は6月から7月がピークです!
夏は高速船が30%割引!
今週末7月20日、21日は【ウニまつり】も開催!

天売島のウニを堪能して、
ウトウの帰巣に圧倒されて、
島時間を満喫する休日…
夏の思い出を飾ること間違いなし!
週末は天売島へ!!!

>>羽幌町役場
>>羽幌町観光協会
>>羽幌沿海フェリー